米Mad Catz が、Bluetooth SMART を採用したマルチプラットフォームのゲーム周辺機器 4機種を発表しました。ラインナップはマウスが R.A.T. M と M.O.U.S. 9 、コントロールパッド C.T.R.L. R、ステレオヘッドセットのF.R.E.Q. M。

いずれもマッドキャッツが提唱するマルチプラットフォームゲーム周辺機器イニシアチブ " GameSmart " に準拠しており、 モバイルアプリを介して設定を変更することで、 PC / Mac および iOS や Android スマートフォン、タブレット、一部についてはゲーム機などに対応します。



Bluetooth SMART は、Bluetooth 4.0 の新機能 Bluetooth Low Energy (LE) を採用した周辺機器に与えられる互換性表示のブランド名。" Bluetooth SMART READY " 対応のホスト機器と接続でき、低消費電力や通信確立までの時間短縮 (低遅延) が特徴です。

Bluetooth SMART については発表時の記事「Bluetooth 4.0 に新ブランド " Bluetooth SMART "、センサー互換性を表示」を参照。具体的には 3代目以降の iPad など、最近の Bluetooth 4.0 デバイスとつながります。(が、OSやアプリのレベルでも対応している必要があります)。

今回 Mad Catz が発表した GameSmart 周辺機器は、基本的には従来品のマウスやヘッドセットをBluetooth SMART に対応させたバージョン。ゲームコントローラの C.T.R.L. R はアナログスティック x2と十字キー、4ボタン + LRボタンなどを備えています。バッテリー駆動時間は 単四電池 x2本で最大4か月。

出荷はいずれも「2013年の早い時期」になる予定。