CES 2013のプレスカンファレンスで、NVIDIAが Tegra 4 搭載のポータブルゲーム機 " Project SHIELD " を披露しました。一般的なゲーム機コントローラ型の本体に着脱式のディスプレイとHDMI出力を備えており、ピュア Android端末として Google Play や NVIDIA の Tegra Zone ゲームをプレイできます。

Android ゲーム機は最近やたらと耳にしますが、Project SHIELD の際立った特徴は、NVIDIA GeForce GTX シリーズを載せたPCからWindows PCゲームをストリーミングして遊べること。通信にはPC側 (GeForce GTX) と SHIELD側 (Tegra 4) ともにNVIDIA のクラウドゲーム技術を活用しており、" Game Speed WiFi " により超低遅延でプレイが可能とされています。



主なハードウェア仕様は「Tegra 3比 6倍」のGPU処理能力を備えた Tegra 4 プロセッサ、着脱式の5インチ1280 x 720 マルチタッチ対応液晶ディスプレイ、バスレフ付きで「高級ノートPCの2倍の低音出力」をうたう内蔵スピーカー、本体底にHDMI端子、microSDスロット、ヘッドホン、USB端子。無線には 2x2 MIMOアンテナの 802.11n WiFi を採用します。

Androidプラットフォームのバージョンは4.1 Jelly Bean。ピュアAndroid端末として、ゲームだけでなく Jelly Bean 向けのさまざまなアプリが動きます。たとえばHulu などのエンターテインメントサービスを HDMIで大画面テレビに出力して見ることも可能。

PCゲームのレシーバとしては、すでに Steam が対応済。5インチ画面に飛ばしてフルPCゲームを好きな姿勢で楽しんだり、また SHIELDを介してHDMIでテレビにつないであそんだり。ストリーミングといえば、本体で描画した高度なゲームを手元に飛ばして寝転がりプレイできる Wii U にも近いコンセプトです。

Project SHIELD はステージですでに実機を使ったデモが披露されたものの、実際に製品化するのか、するとしてどこからどのような形態になるのか etc はまだ不明。ただし NVIDIA 公式では「SHIELDの新情報と、まっさきに試す機会」についての通知メール登録を受け付けています。