Microsoft retiring Messenger on March 15th, wants you to use Skype instead

マイクロソフトは2013年3月15日にメッセンジャー サービスを全世界で終了します (中国除く)。2011年の Skype買収以来、マイクロソフトはメッセンジャーの提供終了と Skypeへの移行を準備しており、今年の第一四半期にサービスを終了すると予告していました。

現在はメッセンジャークライアントへログインするとSkypeへの移行を促すメッセージが表示されるほか、メッセのマイクロソフトアカウントへ終了時期の通知メールが送られています。

移行先の Skype 側では、すでにアップデートでメッセンジャーからの移行をサポート済み。ログインするとアカウントを統合するか尋ねられ、メッセ用のメールアドレスを入力すれば、これまでのコンタクトリストをそのままグループとしてインポートできます。

コンタクトの統合は PC / Mac のほか、iOS や Android のクライアントでも対応。いずれかを使ってインポートすれば、あとはどのSkypeクライアントやハードウェアでもメッセンジャーのコンタクトにアクセス可能です。(が、相手も Skypeに移行しているかは別の話)。なお中国国内では、Skype では国が困る諸事情からか、今後のメッセンジャーの提供が続く予定です。