タブレットに合体変形する携帯ASUS PadFone 2国内発表、SIMフリーで7万9800円

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年01月10日, 午前 11:09 in asus
0シェア
ASUS PadFone 2 unveiled in Taiwan, packs quadcore chip, NFC and lighter tablet

ASUS がタブレットに変身するスマートフォン PadFone 2 の国内販売を発表しました。PadFone は4.7インチ液晶のクアッドコアAndroidスマートフォンが、10.1インチ液晶画面の PadFone 2 Station と合体してタブレットにもなる製品。


ステーションのほうは単体では機能せず、プロセッサもメモリも PadFone 2 本体のものを使います。利点はステーション側がシンプルでコストが低いこと、単体タブレットでは必要なデータの同期やアプリの管理、アップデートなどの手間がないこと、PadFone 2 側のモバイルネットワークを使えること、ステーション側の追加バッテリーで駆動時間が単体の最大2.5倍に伸びることなど。

国内版はSIMロックフリーで販売されるため、ユーザーが自前のSIMカードを挿して好みのネットワークで使うことができます。ネットワークは W-CDMA (DC-HSDPA 900 / 2100MHz)対応。

国内での発売は1月12日、メーカー希望小売価格 7万9800円。


主な仕様はスマートフォン側が 4.7インチ 1280 x 720 Super IPS+液晶、Snapdragon S4 Proプロセッサ(APQ 8064、クアッド Krait コア 1.5GHz、Adreno 320)、2GB RAM、64GB eMMCストレージ。前面1.2MPカメラ、背面13MPカメラ、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0など。重量 約135g。バッテリーは2140mAh。Android 4.1.1。ドックとの接続用に13ピン接続ポート。microUSB接続と、MHL映像出力 / 充電にも対応します。

PadFone 2 Station は10.1インチ 1280 x 800 IPS液晶 (10点マルチタッチ対応)、背面にPadFone 2を挿入する関係で隠れてしまうため1MP前面カメラ、スピーカーなど。重さ約514g。バッテリーは5000mAh。

日本では出なかった初代 PadFone よりも本体側の解像度が高くなったため、タブレットになっても解像度が縦 80ピクセルしか変わらない (うえに最新機種のフルHDより粗い) のは秘密ですが、合体すれば10型で広く見やすく操作しやすくなることはたしかです。



こちらは台湾での発表会の様子。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: asus, padfone, padfone 2, Padfone2
0シェア