米連邦航空局 (FAA) は16日 (米国時間)、バッテリー異常によるトラブルが相次いでいるボーイング787型機「ドリームライナー」について、バッテリーの不具合の原因を突き止め安全が確認されるまで、米国で登録されているすべての787型機の運行停止を各航空会社に求める声明を発表した。対象となるのは、昨年から米国で唯一787型機を導入しているユナイテッド航空の6機。
1月7日に米ボストンのローガン国際空港で駐機していた日本航空の787型機のリチウムイオンバッテリーから出火したことから、FAA は安全性の調査に着手。ちなみに16日には、山口発東京行きの全日空便がバッテリーの異常により高松空港に緊急着陸するというトラブルも起こっている。

FAAは各国の航空当局にも同様の通達をし、対応を呼びかけている。当局の発表によると、バッテリーの不具合により「基幹システムと構造がダメージを受け、電気室から出火する恐れがある」という。この事態を収拾するため、FAA はボーイング社と共同で問題解決にあたり、同機の運航再開時期については「安全が確認され次第」としている。FAA の声明文の全文はリンク先を確認してほしい。

追記:ユナイテッド航空は、FAA による耐空性改善命令 (AD) に従い、787型機の運航再開に向け、当局及びボーイング社と緊密に連携して調査にあたる方針を表明した。また、今後のフライトについては、他機への乗り換え措置をとるという。

原文:Alexis Santos 翻訳:日本映像翻訳アカデミー