中国新華社通信の報じたところによると、北朝鮮政府は外国人訪問者の携帯電話使用に対する規制を緩め、今月7日から登録手続きをすれば携帯電話の持ち込みを許可しているという。北朝鮮といえば、先日 Google のエリック・シュミット会長が訪問したことは記憶に新しい。
平壌国際空港には携帯キャリア「高麗リンク」のレンタルブースが設置されており、訪朝者は携帯電話やSIMカードをレンタルできる。SIMカードは約50USドルで販売もされている。リンク先のAP通信によれば、このSIMカードでは国外への国際電話のほか各国大使館、外国人用ホテルなど電話をかけられるが、それ以外の北朝鮮国内とは通話できない。

またインターネット接続もできないが、高麗リンクのエジプト人技術者が新華社通信に語ったとされるところによれば、これは技術的なものではなく、政府による承認を待っているためだという。

[Image credit: Wikipedia Creative Commons]

原文: Mat Smith 翻訳:日本映像翻訳アカデミー