ASUS が Windowsノート VivoBook シリーズの新モデル ASUS VivoBook U38N を発表しました。VivoBook U38N は13.3インチのタッチ対応 フルHD IPS液晶ディスプレイを搭載した Windows 8 ノート。

ASUSは同じ 13.3インチでタッチ対応フルHDのプレミアムノート ZENBOOK UX31A も同時に発表していますが、ZENBOOK U31A が Core i7-3517U プロセッサを搭載するのに対して、VivoBook U38N はAMD のクアッドコア APU A10-4655M を採用します。APUのグラフィック部分は Radeon HD 7620G。


主な仕様は 13.3インチ 1920 x 1080 IPS液晶 (グレア仕上げ、タッチ対応)、A10-4655M APU (Radeon HD 7620G) 、4GB RAM (2GBオンボード、最大6GB)、500GB HDD。無線は 802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。そのほか SDスロット (SDHC対応)、92万画素ウェブカメラ、USB 3.0 x3、mini-VGA出力 (D-Sub 15ピンアダプタ付属)、HDMI出力、100Mbps LANなど。

本体は厚さ5.5 〜 18.6mm で約1.55kg、バッテリーは最大 約5時間駆動 (JEITA 1.0)。OS は Windows 8 64bit。

「プレミアム」な ZENBOOK UX31A と比較すれば、プロセッサがインテル Core i7 と AMD A10 APU であることに加えて、メモリが4GB (UX31Aは8GB)、ストレージが500GB HDD (UX31Aは256GB SSD)、USB 3.0 がひとつ多い、HDMI端子がフルサイズ etc の違いがあります。

また本体は UX31Aの3mm 〜 18mmよりやや厚く、150gほど重め。最大バッテリー駆動時間も、あくまで JEITA 1.0計測ながら、UX31Aの約8.5時間より短い 約5時間。

発売日は UX31A と同日の1月26日。価格はオープン、予想実売価格 8万4800円。プレミアムな ZENBOOK U31X は予想15万4800円なのでかなり差があります。