マイクロソフトはデルの株式非公開化を支援するため、10億~30億ドル (約885億~約2655億円) の出資を検討しており、未公開株投資会社の Silver Lake Partners およびデルのマイケル・デル (Michael Dell) CEOとLBO に向けて協議していると、リンク先の CNBCWall Street Journal がそろって報じた。(LBO: レバレッジドバイアウト。買収先の資産などを担保にした資金調達をもって行う買収)今月中旬には、匿名の関係筋からの情報として、デルが最近の業績不振を理由に、株式非公開化を望んでいるとWall Street Journal などの各メディアで報じられていたが、今回の報道でその噂がさらに現実味を持ち始めた。

リンク先の Reuters は、デルが株式非公開化に関する取引や提案を評価・検討するための特別委員会を立ち上げたと報じている。ただ当然のことながら、マイクロソフトやその他投資者の関与についての詳細はほとんど明かされていない。Engadget 編集部はデルとマイクロソフトに対しコメントを求めており、新しい情報が入りしだい続報をお伝えする。

原文:Michael Gorman 翻訳:日本映像翻訳アカデミー