ソニーが『ポータブルワイヤレスサーバ』製品 WG-C10を発表しました。無線LAN とSD / MS スロットとバッテリーを内蔵し、スマートフォンやタブレットなどの機器からWiFi 経由でメモリーカード内のコンテンツにアクセスできる、いわゆるWiFi ストレージ製品です。



(動画:公式プロモーション動画)


特徴は SD とメモリースティック対応スロットに加えてUSBホスト機能を備え、デジタルカメラやUSBメモリなどUSBストレージを接続してWiFi アクセスできること。

また最近の「小さな箱」製品らしく、外部へのUSB給電にも対応します。外部給電は5V最大500mA。内蔵バッテリー容量は 2210mAh、WiFi 接続連続再生は約10時間。

そのほかの仕様は 802.11b/g/n (2.4GHzのみ)、最大 8台までのWiFi接続、USB接続の有線カードリーダー機能、本体重量 135gなど。持ち運び用のハンドストラップを兼ねたUSBケーブルが付属するのはやや面白いところです。

発売は4月1日。価格はオープン、市場推定価格は 9000円くらい。
(画像:付属のUSBケーブル。長さ約25cm。専用のホルダーでループ状に留めてストラップに)