スティック型Androidゲーム機 GameStick、達成率 647% でクラウド資金調達を完了。出荷は4月

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年02月4日, 午前 10:01 in android
0シェア
FacebookTwitter

「市場もっともポータブルな家庭用ゲーム機」こと GameStick が、Kickstarter での出資募集キャンペーンを終了しました。結果は当初の目標 10万ドルに対して約6.5倍にあたる 64万7658ドルの調達に成功し、開発者は「Kickstarter 市場もっとも成功した技術プロジェクトのひとつ」を自称しています。


GameStick はテレビのHDMI端子に直結する 小型スティック型のゲーム用端末。中身は安価なAndroidタブレットなどてよく使われる AmLogic AM8725-MX プロセッサ (ARM Cortex-A9 デュアルコア 1.5GHz)、1GB RAM、8GBストレージ、802.11b/g WiFi、Bluetooth 4.0 LE など。OS は Android Jelly Bean。

テレビのHDMI端子に接続する小型のAndroid 端末は「おうちのテレビがスマートTVに!」的なセットトップボックスとしてよく見かけるようになりましたが、GameStick は Bluetooth コントローラが付属すること、GameStick本体をコントローラ側に収納して持ち運べること、あわせて79ドルと安価なことなどが特徴です。開発・販売は、家電各社のスマートTV用 カジュアルゲームプラットフォームで実績のある PlayJam。

出資者への見返りの出荷は、順調にゆけば4月からになる見込み。一般からの購入予約もまもなくリンク先の公式サイトで始まる予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, gamestick, jelly bean, JellyBean, kickstarter, ouya
0シェア
FacebookTwitter