Wii Uで見るストリートビュー Wii Street U は10月末まで無料提供、『社長が背負う』も公開

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年02月7日, 午後 01:53 in google
0シェア
FacebookTwitter
Google Maps with Street View arrives on Nintendo Wii U in Japan, free for a limited time

任天堂が Wii U アプリ『Wii Street U powered by Google』の提供を開始しました。本体組み込みの eショップからすでにダウンロードできます。価格は 5月31日まで 無料 (更新:2013年10月31日までになりました)。
また提供開始にあわせて、Google 本社でストリートビューの製品責任者を務める 河合敬一 氏、Wii Street U のUIを開発したチームラボ 大橋弘志 氏を迎えた「社長が訊く『Wii U』 Wii Street U powered by Google編」も公開されています。写真は背負い式ストリートビューカメラ「トレッカー」を背負う岩田社長。


昨年のニンテンドーダイレクトで予告された Wii Street U は、Google マップのストリートビューをテレビと Wii U の GamePad で見るアプリ。ストリートビューといえばPCでは昔から見ることができ、スマートフォンのジャイロと連動したパノラマビューも目新しくはない気がしますが、Wii Street U はテレビ画面とGamePadの手元画面、そしてハードウェアボタンが使える Wii U に最適化した新しい見せ方が売り。

GamePad を動かすことで左右を見渡す、空 / 天井を見渡す、足下を見下ろすだけでなく、テレビ側に同時にマップとストリートビューガイドを表示したり、あるいは高解像度のストリートビュー写真をテレビに大きく移して複数人数で仮想観光を楽しむといったことができます。


地味に重要なのは、Wii U ゲームパッド側のアナログスティックやボタンが使えること。前に進むには画面上の矢印をタッチするほか、パッドのAボタンも使えます。長押しすれば連続して「歩いてゆく」ことが可能。また、あっという間に腕が疲れるジャイロ操作のほか、Lスティックで周囲を見回す・Rでズームイン / アウトもできるため、ゲームコントローラの操作でFPS的にストリートビューを散策することができます。(進行方向を正面にするにはLを押し込み)。

またストリートビューだけでなく、Google マップもテレビ画面または手元のGamePad画面で見ることができ、場所の検索や地図・写真の切り替えなど通常のマップ機能も使えます。

(さらに、任天堂の泣きどころでもある「持っていないと何が嬉しいのか伝わらない」点としては、このアプリにも Miiverse コミュニティが用意されることが挙げられます。要は一段ツリー式にコメントを投稿できるソフトタイトルごとのコミュニティ機能ですが、テキストのほか手書きで絵も描けること、スクリーンショットを貼れること(※)、「いいね!」ならぬ「そうだね」ボタンがあり共感度 / 注目度を測れること、フォローの仕組みがあることなどから、そのゲームやサービスに関するおもしろネタや技巧を凝らしたイラストなど、いわゆるユーザー作成コンテンツが無料でいくらでも見られる付加価値になっています。

※ Wii Street U は、権利関係からかスクリーンショット貼付に非対応。場所を貼ることもできません。「ここにこんなものがあった!」が価値なのに残念なところです。

更新: 2013年5月9日のアップデートで、Miiverseコミュニティに写真付きで直接投稿できる機能が加わりました。ただし、写真はほかの Miiverse 対応ゲームのように Miiverse側投稿内にインライン表示できず、Wii Street U アプリ内でのみ見られます。)



任天堂 岩田社長による煽り文句は、『(...) 体験したことのあるサービスも、出力デバイスが変わり、インターフェイスが変わるとずいぶん印象が変わると実感しています。(...)』(Twitter @Nintendo)。

『社長が訊く』では、米国の Google 本社でプレゼンしたところ一日目で評判が広まり二日目には会議室が溢れるほど技術陣が集まって多数のアドバイスを受けたといったエピソードに触れています (Google 河合氏いわく、会議嫌いのGoogleエンジニアが一部屋に集まるのはめずらしいこと。「その場にいた人間はみんな大興奮でした。「地図とストリートビューって、 こうあるべきだったんじゃないか?」というくらい、最初からとてもマッチしていましたから」)。

岩田社長いわく、

あの、身体感覚で見られる操作と、大きな画面ならではの臨場感の組み合わせから受けるインパクトは、残念ながら説明やネット中継では100%伝わらないんですよね。目の前で直に見たときにはじめて、「あっ、これで本当に世界中どこにでも行ける」という衝撃がガツンとくるんですよ。」

本当に「ガツン」なのか、Wii U ユーザーのかたは5月末まで無料で落として確認できます。


10月30日追記:その後のソフトウェアアップデートで、お気に入り登録機能やおすすめスポット追加、高度や現在天気の表示など、さまざまな機能が加わっています。無料ダウンロードは10月31日まで。11月1日からは500円になります。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: google, google map, google maps, GoogleMap, GoogleMaps, map, Miiverse, nintendo, street view, StreetView, wii street u, wii u, WiiStreetU, WiiU
0シェア
FacebookTwitter