速報:ソニー プレイステーション4発表、8コアAPUのPC的アーキテクチャ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年02月21日, 午前 08:42 in PlayStation Meeting 2013
0シェア
FacebookTwitter


現在進行中の ソニー PlayStation Meeting 2013より。ソニーの次世代機 PlayStation 4 が正式発表を迎えました。ハードウェアはほぼ事前情報どおり、x86アーキテクチャーの8 CPUコアAPU、GPUヘビー構成、GDDR5 メモリ 8GB、HDDローカルストレージなど。PS3とは非互換。後日の「クラウドサービス」でPS3ゲームも提供予定。

発売は2013年ホリデーシーズン。

題目は:"Simple"、"Immediate"、"Social"、 "Integrated"、"Personalized"。

開発者が声を揃えるのは、「素直でシンプルな、開発しやすいアーキテクチャ」。要するにPS3の反省。
メインAPUのほかに省電力のセカンダリチップを載せて、バックグラウンドでDLや、サスペンドで状態保持、スタンバイ中のアップデート等に対応。

また 買収したGAIKAIのクラウドゲーミング技術を統合しており、互換性のないPS3にはクラウドからのストリーミングで対応します。






コントローラはDUALSHOCK 4。伝統的なデュアルショックのスタイルに、タッチパッド、ヘッドセット端子、カメラと連携して位置や動きを捉えるライトバー、そして SHAREボタンを搭載。

PS4は過去数分間のゲームプレイを常時録画しており、SHAREボタンを押すことで動画・静止画を切り出して即座に共有できる。

発売時期は2013年末(予定)。価格や地域ごとの発売日、本体の外観は未公開。

詳しいハードウェア仕様と機能については「プレイステーション4 仕様詳細」へ。

(イベント速報記事で更新中)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: PlayStation Meeting 2013, PlaystationMeeting2013
0シェア
FacebookTwitter