Acer intros its first Androidpowered monitor, the Smart Display DA220HQL

Acer が Android 搭載のモニタ Smart Display DA220HQL を海外向けに発表しました。PCなどの機器とHDMI接続して21.5インチ1920 x 1080 のディスプレイとして使えるほか、モニタ側にAndroid OSを内蔵しタッチ対応のオールインワンPC的に、あるいは据え置きのタブレット的に使える製品です。

Android端末としての仕様は1GHz TI OMAP 4 プロセッサ、1GB RAM、8GBストレージ。802.11b/g/n WiFi や Bluetooth 2.1、microSDスロット(32GB SDHCまで)、USB 2.0 x2、さらに有線イーサネットなどそれなりにインターフェース類は豊富です。また前面には1.2MPのウェブカメラ、マイクアレイ、ステレオスピーカーも備えます。

Androidのバージョンは(少なくとも今のところ) Ice Cream Sandwich。ほぼ素のAndroidながら、Iconia TabシリーズでおなじみのリングUIなども採用します。

ディスプレイは21.5インチ1920 x 1080、輝度250cd/m^2、コントラスト比1000:1、応答速度 12ms、視野角 上下左右178度など。ディスプレイの外部入力はmicroHDMI。2点タッチに対応しており、スタンドは倒して浅い角度のタッチ操作モードにも対応します。

発売は欧州向けに3月、価格は399ユーロ前後。米国などほかの地域にも順次展開予定です。