LG Display は昨年12月、サムスン電子と Samsung Display に対し、Galaxy Note 10.1 の韓国での販売差し止めを求める仮処分をソウル中央地裁に申し立てていたが、このたびその申し立てを取り下げた。

両社の特許争いは昨年9月、Samsung Display が LG Display を相手取り、OLEDディスプレイの製造に関わる Samsung Display の技術を盗んだとして提訴したことから始まった。それに対抗して LG Display は Samsung Display に対し、Galaxyブランドの製品がOLED特許を侵害しているとして製品の差し止めを求める訴えを起こし、以来両社の争いが続いていた。

しかし今月初め、LG Display と Samsung Display の両CEOが、特許争いの解決に向けた平和的な話し合いの場を持ったと報じられ、その数日後には、Samsung Display は LG Display に対するOLED技術の使用差し止めを求める仮処分申請を取り下げている。今回 LG Display も同様の措置で応じたことから、両社は和解に向けて動いているとみられる。

今回申し立てを取り下げた LG Display はサムスンとの " 平和的交渉を通して " 解決策を模索しているとコメントしている (詳細は以下の公式発表を参照)。この交渉がうまく行けば、両社の新製品が発売されるまでに和解が成立し、ユーザーは心おきなく両社のHDテレビやスマートフォン、タブレットといった様々な製品を楽しむことができるだろう。

Show full PR text

LG Display [NYSE: LPL, KRX: 034220], a leading innovator of display technology, announced today that it has withdrawn its request for a preliminary injunction in connection to Galaxy Note 10.1 against Samsung Electronics and Samsung Display from the Seoul Central District Court of Korea.

LG Display seeks to stop the consuming dispute with Samsung and to continue its promotion of fair competition. Based on the firm belief that a patent should be fairly assessed as a product of innovation, LG Display seeks an alternative solution through an amicable negotiation with Samsung to clarify the respective rights and duties of each party and analyze the proper value of the patents.

###



(原文:Richard Lawler 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)