北朝鮮で間もなく、外国からの訪問者が3G対応端末でインターネットを利用できるようになる。AP通信によると、北朝鮮の携帯キャリア「高麗リンク」が、外国人向けの3G回線によるインターネット接続サービスを3月1日までに開始することを、平壌に在留する外国人に通知したという。

現在北朝鮮の一般市民が3G回線経由で利用できるサービスは、MMSやビデオ通話、国営新聞の購読などに限られている。国外へのインターネットアクセスが許されているのは、ブロードバンド回線の利用者のうちあらかじめ承認を受けた少数の人のみで、今後もそれは変わらないという。一方で外国人は、月額のモバイルデータ通信プランに契約することで、USBモデムや現地で入手したSIMカードを用いてインターネットを利用できるようになる。

今年1月、Google のエリック・シュミット (Eric Schmidt) 会長が北朝鮮を訪問し、北朝鮮政府に対しインターネットの一般市民への開放を促したが、これが今回の外国人のインターネット利用の解禁を後押ししたかどうかは分からない。いずれにせよ、シュミット氏には次はキューバ訪問を検討してもらいたいところだ。


[Image credit: (stephan), Flickr]

(原文:Alexis Santos 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)