ソニーがコンパクトデジタルカメラ Cyber-shot の新モデル WX300 を発表しました。WX300 は今年1月に発表された WX 200 / WX 60 の上位機種となる、「薄くて大倍率光学ズーム」の製品。

35mm換算で 25mm - 500mm の光学20倍ズームレンズを備えつつ、厚さ20.3 - 25.7mm、重さ166g と薄く軽く、光学20倍ズーム搭載コンパクトカメラ 世界最小・最軽量をうたいます。

またアルゴリズムの改良で光学手ブレ補正の効果を従来機(HX30V)比で2倍に強化した点、望遠撮影時のAF速度が従来比約 3.6倍に高速化、WiFi対応でスマートフォンやタブレットとの連携機能、500枚撮影の大容量バッテリーなども売り。



主な仕様は有効 1820画素の 1/2.3型 Exmor R センサ、静止画4:3撮影時の35mm換算で 25mm (F3.5) - 500mm (F6.5) のソニー Gレンズ、ISO感度 80 - 3200 および 6400 / 12800 (全画素超解像および「重ね合わせ連写」有効)。動画は AVCHD で最高 1920 x 1080 @ 60i 。

背面モニタは 非タッチ3型(4:3) 約46万ドットのクリアフォト液晶、内蔵 WiFi対応、メモリーは MS Duo / SDスロット (SDXC対応、Eye-Fi対応) + 内蔵48MB、内蔵バッテリーで約500枚撮影 / 約250分再生 (CIPA準拠)など。


WiFi 機能では、Android / iOS スマートフォンやタブレット向けのアプリ PlayMemories Mobile との連携機能に対応し、撮影した静止画や MP4動画の転送、アプリを介したアップロード、さらにアプリ側にプレビュー画面をリアルタイム表示しつつ撮影できる「スマートリモコン」などが利用できます。

そのほかPCへの転送は Windows 用の PlayMemories Home か、Mac では取り込み用ソフト Wireless Auto Import が用意されます。また DLNA対応のテレビなどからカメラ内の写真を表示することもできます。(動画非対応。サイズは2Mに縮小)。



カラバリは 5色。うちブラックとホワイトは3月15日、残りのブラウン / レッド / ブルーは遅れて4月5日発売。価格はオープン、市場想定価格 3万3000円。