パナソニック eneloop に新モデル、パナソニック製

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2013年02月28日, 午後 07:00 in eneloop
0シェア
FacebookTwitter

パナソニックの eneloop が新しくなりました。スタンダードモデル、容量の大きい(でも繰り返し使用回数は少ない)ハイエンドなプロ、そして容量の小さなライト、それぞれ単3・単4あわせてシリーズ6種類が刷新されています。プラスは行方不明。

新モデルの特長は繰り返し使用回数がスタンダードで1800回から2100回、ライトで2000回から5000回と増えたこと。何度も使える、自然放電がすくない、というパナソニック eneloop の特長をさらに強化しています。


パナソニック eneloop といえば、もとはかつてサンヨーと呼ばれた総合家電メーカーで中心ブランドとして名を馳せた製品。サンヨーがパナソニックと統合されてからも、人気のカメラブランドが無名に格下げされたりかぶる分野が売りとばされたり、と本家と分家の争いを見るような出来事が続くなかで、パナソニック eneloop だけは各種の限定モデルを展開し続けるなど、存在感をアピールし続けています。そういえば今回のリニューアルにともない、MoMA Design Store で取り上げられるなど評価の高いデザインも多少変更になりました。

一方、本家の嫡子こと充電式エボルタも、同じくハイエンド、スタンダード、ライトの3ライン構成でリニューアルされました。こちらは容量強化がアピールポイント。あわせて、両シリーズに対応する充電器も発表され、待機電力ゼロのエコナビ仕様となっています。パナソニックの eneloop と充電式エボルタ、発売はいずれも4月26日です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eneloop, evolta, panasonic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents