ソフトバンクモバイルが、ZTE製のWCDMA対応 GPS トラッカー「みまもりGPS」と専用プランを発表しました。「みまもりGPS」は持った / 持たせられた / とりつけた人や物の位置をGPSで記録するほか、3G対応で外部から「みまもりGPS」の現在位置を問い合わせたり、みまもりGPS側のボタンで居場所を知らせる機能を備えたトラッカー端末。

また4月1日から、契約者からの要請で「みまもりGPS」の現在地に警備員が駆け付けるセントラル警備保障のサービス「CSPケータイdeアシスト」に対応します。

みまもりGPS本体は、45 x 67 x 15mm で48gと小型の端末。IP55の防水・防塵性能を備えるほか、ブルー / イエロー / ピンクのシリコンカバーが付属します。通信は WCDMA 900MHz / 2.1GHz (国内のみ対応)、バッテリーは静止時連続待ち受けで約340時間。

GPSトラッカーとしての機能は、移動経路の本体内記録、3Gで外部から問い合わせに対して位置のメール通知、あらかじめ指定した時間の位置通知、あらかじめ指定したエリアへの出入り通知、また端末側のボタンを押して位置情報の送信など。

料金プランは、「みまもりGPS専用2年契約」契約時には基本使用料月額 480円、メール送信はソフトバンクおよびディズニーモバイル on ソフトバンク端末間では無料、それ以外は0.21円 / パケットの有料。2年契約をしない場合は月980円。

また割引きプログラム「みまもりGPS基本無料プラグラム」も用意されます。こちらは新スーパーボーナスで端末を購入して新規契約または機種変更した場合、同時に「みまもりGPS」を2年契約すると、基本使用料が最初の支払いから最大で25か月間無料になるというもの。

またセントラル警備保障が提供する別サービス「CSPケータイ de アシスト」に対応します。こちらは月額315円の警備料金を支払うことで、契約者の要請で「みまもりGPS」の現在地に警備員が駆けつけるというサービス。実際の出動料金は1回一時間につき5775円がかかります。サービスの開始は4月1日。新発売の「みまもりGPS」だけでなく、既存のみまもりケータイ(初代) やみまもりケータイ2にも対応します。 みまもりGPS の発売は4月中旬以降、価格はオープン。