iPhone をプレゼン用リモコンにするアダプタ iPresenter、ジャイロでポインタ移動も

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年03月12日, 午前 10:02 in iPad
0シェア
FacebookTwitter

サンワサプライが iPhone をプレゼン用リモコンにするアダプター iPresenter を発売しました。ワイヤレスプレゼンターキット「iPresenter」は付属の受信機をパソコンの USB端子に、送信機を iPhone のヘッドホンジャックに接続して使います。PowerPoint スライドの開始 / 終了、ページめくりなどの機能のほか、iPhone のジャイロセンサーを利用して、持った手を動かすとその動きのとおりにパソコン画面上のマウスカーソルを動かしたり、ペン機能でスライド上に線を引くことなども可能です。

操作に使う iPhone アプリ「IAMP」には、マウスモード/プレゼンモード/マルチメディアモード/時計モードがあり、プレゼンの場面に応じてモードを使い分けられます。なお、iPadでも使えますが、ユニバーサルアプリではなく、iPhone 用の画面を2倍表示モードで使うことになります。

気をつけなければならないのは iPhone 5 で本機を使うとき。ホームボタンと液晶の上に送信機が一部かぶってしまいます。持ち方によっては操作がしにくいこともあるかもしれません。

iPresenter を使用可能なデバイスは iPhone 5、4S、4、iPad 2 以降および iPad mini。iOS バージョンは4.3以降。パソコンは Windows 8、7、Vista、XP。対応する Windows ソフトは PowerPoint 2003 以降と Windows Media Player。

無線通信方式は 2.4GHz RF 電波式で最大15mまで離れて使用可能。送信機をフル充電した状態で約4時間連続で使えます。充電時間は約1時間。充電用の USB ケーブルが付属します。

本体サイズは幅24 x 奥行52 x 高さ19mm。重量は17g。持ち運び時は送受信機を合体させることができます。価格は4480円。サンワサプライ直販サイトで購入可能です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPad, iPad 2, IPhone, Microsoft PowerPoint, Microsoft Windows
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents