Kinect を視線入力デバイスにするアタッチメントNUIA eyeCharm

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年03月12日, 午後 05:42
0シェア
FacebookTwitter
Insert Coin NUIA wants to use Kinect to bring eyetracking to the masses
視線入力技術 NUIA のメーカー 4tiitoo AG が、Kinectセンサーをアイトラッキング機器に変える安価なアタッチメント eyeCharm の商品化に向けた資金を一般から募っています。

eyeCharm は Kinect センサーの前面にかぶせるように取り付けるアタッチメント。PCのモニタの下に置くことで、視線でウェブブラウザをスクロールしたり、画面端を注視してWindows 8 のチャームを呼び出す、写真をブラウズする、マップアプリをズームするといったことのほか、付属のNUIA SDKを用いて既存のアプリを視線入力に対応させたり、新たな視線入力アプリを書くことができるようになります。

開発者いわく、従来の産業用・研究用アイトラッキング機器は1000ドル程度から数万ドルと高価なのに対して、eyeCharm は Kinect センサーの IR カメラを使うことで予価 60ドル程度と安価なことが最大の特徴。現在は Kickstarter で資金を募っており、50ドル(420口限定) から 60ドルを出資すれば、プロジェクトが成功した場合は eyeCharm 本体およびNUIA SDK や NUIA 対応アプリが見返りに届きます。(Kinect センサーは自前で用意すること。また追加のレンズなどを取り付けてIRカメラを流用する仕組みのため、Kinect 本来の機能は同時には使用不可。全身トラッキングしつつ視線でも入力できるわけではありません。

メーカー 4tiitoo はもともとNUIA (Natural User InterAction) の名称でアイトラッキングを含めた NUI ソフトウェアソリューションを販売しており、eyeCharm は安価なアイトラッキング手段を提供することで一般コンシューマーやアプリ開発者に視線入力を広めることを目的としています。

メーカーによれば、eyeCharmに付属する NUIA SDKを使うことで、他社製のアイトラッキング機器でも使えるユニバーサルなアイトラッキング対応アプリを書くことが可能。「ほんの数十行のコード」を加えるだけで既存のアプリを視線操作に対応させられるほか、今後さらに普及が見込まれるアイトラッキング向けアプリ開発にいち早く安価に参入できるとしています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents