任天堂、3DS版『うごくメモ帳 3D』の概要を予告。旧うごメモのオンラインは5月31日終了

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年03月13日, 午後 02:39 in flipnote studio
0シェア
FacebookTwitter


任天堂が社長プレゼン動画『ちょっと Nintendo Direct うごくメモ帳 3D 2013.3.13』を公開しました。長さは6分半ほどで、内容はニンテンドー3DS用の手書きメモ&パラパラアニメ交換アプリ『うごくメモ帳 3D』について。

発表によると、カラーで3レイヤーの手描き3Dアニメが書けるようになった『うごくメモ帳 3D』は今年夏に無料アプリとしてリリース予定。また作品を共有してコメントや評価しあうコミュニティサービスは、フレンド間限定の『フレンドうごメモギャラリー』と、世界に作品を公開できる『ワールドうごメモギャラリー』が用意されます。

前者の『フレンド~』は無料で利用可能。後者の『ワールド~』のほうはプラットフォーム維持のため (なのか小銭ゲートでフィルタリングしたいのか)、少額の月額料金が必要になります。ただし最初の30日間はお試しで無料のほか、以降も毎日一定の無料時間帯が用意される予定。また一定の評価を続けて獲得した人気作家については、利用料を無料にする仕組みもあります。

一方、4年ほど前にニンテンドー DSi 用にリリースされた旧『うごくメモ帳』のコミュニティーサービス『うごメモシアター』『うごメモはてな』のほうは、2013年5月31日をもって終了することが明らかにされました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: flipnote studio, FlipnoteStudio, nintendo, nintendo 3ds, Nintendo3ds
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents