パナソニックのウェアラブルカメラ HX-A100は5月1日発売、『スタイリッシュ二体型デザイン』採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年03月13日, 午後 01:25 in action camera
0シェア
FacebookTwitter
Panasonic's wearable camera HXA100 headson


パナソニックがウェアラブルカメラ HX-A100 を国内向けに発表しました。1月のラスベガス CES 2013 でグローバル発表されていた HX-A100 は、本体部とカメラ部がケーブルでつながった『スタイリッシュ二体型デザイン』が特徴の身に付けるカメラ。

本体部にコントローラがあるため操作や状態確認がしやすいほか、有効280万画素の裏面照射型MOSセンサで1920 x 1080 / 60p 撮影、848 x 480 で240fps/30p の高速度撮影、IP58の防水防塵、WiFi 搭載でUstreamライブ放送やスマートフォン連携、アクションカメラでは重要な傾き補正・ブレ補正、画角160度ワイドモード(傾き・ブレ補正と排他)といった機能を備えます。




主な仕様はカメラ部が 1/4.1型 裏面照射型332万MOSセンサ、有効画素数280万(動画時・静止画時 16:9ワイドモード)、レンズF値 2.5、画角 160度(ワイドモード) / 117度 (スタンダードモード・ブレ補正無効) / 104度(スタンダードモード・ブレ補正有効)。最短撮影距離 約30cm、最低被写体照度 6ルクス(カラーナイトビューモード 1ルクス)、シャッター速度 1/30 〜 1/12000秒。

記録方式は MPEG-4 AVC / H.264 (.MP4)。ビットレート(VBR)は通常撮影モードの1920 x 1080 / 60pで最大28Mbps 〜 1280 x 720 / 30pで平均9Mbps、848 x 480 / 30p で平均 4.5Mbpsなど。スローモーションモードでは 1920 x 1080 60fps /30p 平均15Mbps 〜 848 x 480 240fps/30p 平均 4.5Mbps。

音声は本体内蔵モノラルマイクでAAC (風切り音低減のローカットフィルタ対応)。静止画はJPEG。ストレージは32GB SDHCまでのmicro SDスロット。

防水・防塵仕様(カメラ部、本体部)は IP58 (保証水深 1.5m、30分)。

WiFiは 802.11b/g/n (2.4GHz帯)。

バッテリー駆動時間は1920 x 1080 / 30pの連続撮影で140分。

重量はカメラ部分が約30g、本体部 約117g。microSDカード含む使用時重量は167g。

本体にモニタは備えませんが、Android または iOS スマートフォンやタブレットでライブビュー撮影が可能。また保存した映像の確認、モバイル端末を経由したSNSなどへのアップロード、リモート操作にも対応します。本体に記録しつつ単体で Ustream 中継にも対応 (1920 x 1080/60p および 19280 x 720 / 60p、スローモーション撮影時は不可)。

カメラは付属のイヤーフックで耳にかけて目線の高さでの撮影ができるほか、別売り3150円のマルチマウントも用意されます。









HX-A100 の発売は5月1日。価格はオープン、店頭予想価格 3万円前後。 パナソニックでは、会員サイト Club Panasonic で会員向けのお試しキャンペーン(貸出) を3月13日から6月3日まで応募受付で実施します。直営ショッピングサイト PanaSense では、上記のオレンジと黒のほかオリジナルの迷彩カラーを含むモニター販売を3月13日17時から4月2日13時まで実施予定です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: action camera, ActionCamera, CES 2013, Ces2013, hx-a100, panasonic
0シェア
FacebookTwitter