仲間とリアルタイムで競える活動量計 Fitbit Zip / One、Bluetooth 4.0でアプリ連携

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年03月14日, 午後 01:06 in bluetooth
0シェア
FacebookTwitter

Softbank SELECTION が、Fitbit のワイヤレス活動量計「Zip」とワイヤレス活動量計+睡眠計「One」を3月15日に発売します。いずれも身につけて毎日の運動をトラッキングするデバイスで、海外では昨年9月にリリースされ、国内でも Amazon などで並行輸入品が販売されています。

計測できるのは、丸っこい方の Zip は歩数、消費カロリー、移動距離。細長い方のOne ではそれに加えて階段を登った階数、睡眠時間、睡眠サイクルの管理が可能です。またスマートフォン用アプリやPCと同期することでデータを Fitbit サイトにアップロードし、統計データを視覚化して把握できます。

Zip / One では、あらかじめ設定したアクティビティの目標を達成すると「バッジ」を獲得することができます。別にバッジをもらったからといってなにか特典があるわけではありませんが、Fitbit 仲間の友人たちとのコミュニケーションやモチベーションの維持などの面で心理的な効果は得られそうです。

アプリ連動機能では、活動が目標値に近づくとアラートで知らせてくれる機能もあるほか、チャット風のパーソナルメッセージ機能で相手の目標達成を祝う、成果を自慢するなど、やりとりを楽しみながら運動することができます。リアルタイムに更新される歩数ランキングで競い合うことも可能です。

Zip / One 用アプリは iPhone 4S 以降、iPod touch(第5世代)以降、iPad(第3世代)以降に対応。Android 版は現時点では日本語版アプリがリリースされていませんが、Bluetooth 4.0 搭載の一部の機種で使用可能になる予定です。また、Windows / Mac 用には USB接続のワイヤレスアダプタが付属します。通信可能距離は6m。対応する OS は iOS 5 以降と、Windows XP 以降、Mac OS X 10.5 以降。

色は Zip がブルー、マゼンタ、ホワイト、チャコール、ライムの5色、One はバーガンディとブラックの2色ラインナップ。Zip の電源は CR2025 型のコイン電池で、4~6か月使えます。One はリチウムポリマー充電池を内蔵しており、フル充電で5~7日間使用可能です。その他、One には睡眠モニター用のリストバンドが付属します。
大きさは Zip が 35 x 28 x 9.65 mm、One が 48 x 19.3 x 9.65mm、重さは両者ともに8g(Zip は電池含まず)。

国内では ソフトバンクショップ、家電量販店、Apple Store(販売開始日未定) などで販売されます。Softbank SELECTION オンラインショップでの直販価格は Zip が5480円、One が9980円。Zip には専用ポーチ(ブルー / マゼンタ)とのセットもあり、こちらは6480円です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bluetooth, bluetooth 4.0, Bluetooth4.0, fitbit, Fitbit One, Fitbit Zip, FitbitOne, FitbitZip, fitness gadgets, fitness tracker, fitness trackers, FitnessGadgets, FitnessTracker, FitnessTrackers
0シェア
FacebookTwitter