iOS 6.1.3 にまたパスコードロック回避バグ、音声ダイヤル無効で回避可能

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年03月21日, 午前 09:12 in apple
0シェア
FacebookTwitter

アップルはつい2日ほど前にリリースした iOS 6.1.3 アップデートでパスコードロック画面の迂回バグを修正したばかりですが、このタイミングでまた新たなロック画面迂回バグが公表されました。

続きに掲載した動画では、音声ダイヤルの直後にSIMカードを抜くことで、これまでのロック回避バグと同様に電話アプリのフル機能にアクセスできることが示されています。

手順は、まずSIMトレイにクリップの先などを挿してすぐに押せるようにしておき、ロック画面からホーム長押しで音声ダイヤルを起動する、発信しています表示のあと特定のタイミングでトレイを引き出す、のみ。SIMカードは物理的に取り外す必要はなく、ピンなどを押し込んでトレイを多少ずらすだけで良いようです。

成功すれば、これまでのiOSロック画面回避バグと同じく電話アプリの機能にアクセス可能。電話帳や発着信履歴の参照、電話帳の編集、写真の撮影やブラウズ、電話やメッセージの送信などができてしまいます。

なおこの方法は、設定でロック中の音声ダイヤルを無効にしておくことで防げるとされています。

追記:音声ダイヤルから電話帳にアクセスは再現しましたが、Siri からの発信では今のところ不成功。長押しで Siri の場合はそもそも可能なのか分かりません。また iPhone 4でしか再現しないという説もあれば(Siriがないから?)、5でも Siri 無効 (音声ダイヤル有効)の場合は再現する説もあり。詳しい条件についてはまだ検証が続いている段階です。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, bug, hack, ios, ios 6.1.3, Ios6.1.3, iphone, security
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents