Iiyama から27型 2560 x 1440のAH-IPS液晶モニタ ProLite XB2776QS、6色カラーマトリクス調整に対応

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年03月22日, 午前 12:01 in AH-IPS
0シェア
FacebookTwitter
iiyamaブランドを扱うマウスコンピューターが、27型AH-IPSパネル採用の液晶ディスプレイ ProLite XB2776QS を発表しました。AH-IPS液晶の採用により色再現性を高め、同時に消費電力を低減した点が特徴。また3段階のECOモード機能「iiyama ECO Concious」を搭載し、有効時には通常モードに比べ消費電力を最大で47.2%、年間CO2排出量を11.5%削減できるとしています。

色再現性とともに色調整機能も売りのひとつ。RGB + CMY の6色カラーマトリックスを個別に調整できる独自の画質調整機能により、全体の色調に影響を与えず調整したい色のみを制御できます。また4段階のガンマ補正機能も搭載します。

スタンドは 90°回転ピボット / 110m の高さ調節機構 / チルト角最大28°/ スイベル角340°の「パーフェクトスタンド」を採用。ディスプレイを見やすい位置に調整し、作業時の疲労を軽減できるとしています。

主な仕様は、27型非光沢AH-IPS液晶パネル、解像度は2560 x 1440(WQHD)、輝度 350cd/m2、コントラスト比は標準時 1000:1、ACR時で 500万:1。表示色は1677万7216色で、NTSC比 82%、sRGBカバー率 116%。応答速度は5ms (G to G)。消費電力は43W(最大60W)です。

インターフェースは、DVI-D x1、Display Port x1、HDMI x1 およびアナログRGB (D-Sub 15ピン) x1。3.5mmステレオミニ入力 x1。 1.5w x2 の内蔵スピーカーとヘッドホン出力も搭載します。
サイズは幅644 x 高さ455~565 x 奥行き250mm。重さは約8kg。

直販価格 6万5800円で4月上旬に発売予定です。



 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AH-IPS, D-subminiature, Digital Visual Interface, HDMI, iiyama, WQHD
0シェア
FacebookTwitter