Facebook Homeは4月12日からGoogle Playで配信、iOS版は「アップルの協力が必要」

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年04月5日, 午前 10:50 in android
0シェア
FacebookTwitter
Facebook Home coming to tablets in the 'coming months'

Androidを「Facebook携帯」にするアプリ群 Facebook Home が発表されたFacebook イベントでは、プリインストール端末 HTC First 以外への提供や他OSに拡大する可能性など、今後の展開についても詳細が語られました。

まずFacebook Homeと同時発表のスマートフォン HTC First は、米国ではキャリアAT&Tから4月12日に発売。価格は二年契約で99.99ドル (1年契約なら349.99ドル、標準 449.99ドル)。

Facebook Home が最初からホームアプリとして利用できるほか、Facebook メッセンジャーや Instagramなどの関連アプリがプリインストールされ、初期セットアップはFacebookでログインするだけに簡略化されている点が特徴です。


また米国では一部のAndroid端末向けに、HTC First の発売と同日の4月12日から Google Play で Facebook Home アプリが無料配信されます。対応機種は:


HTC One (未発売)
HTC One X
HTC One X+
Samsung GALAXY S III
Samsung GALAXY S4 (未発売)
Samsung GALAXY Note II

提供地域と対応機種は今後も拡大する予定。Androidのバージョンとしては4.0以降、Ice Cream Sandwich または Jelly Beanが必要です。

HTC First のプリインストール版と Google Play版とは原則的に同じですが、HTC First ではHTCの協力を得てAndroidのより深いレベルで統合されているため、Facebook Home のホーム画面通知でFacebook以外のアプリからの通知も扱える違いがあります。

発表後の質疑セッションによれば、iOS版の提供は今のところ未定。Androidと違ってホームの置き換えなどを許していないため、提供するとすればアップルとのパートナーシップが必要だろう、としています。Windows Phone については、「Android と iOSの中間」。

一方、Androidタブレット向けのバージョンについては提供予定ではあるものの、少なくとも数か月後とされるだけで次期や対応機種についての情報はありません。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, facebook, Facebook Home, FacebookHome, google play, GooglePlay, HTC First, HtcFirst
0シェア
FacebookTwitter