タッチで快適操作が売りの Windows 8 にもずいぶんと対応周辺機器が増えてきました。バッファローが発表したのは、「画面に触れずにWindows 8を快適操作できる」が売りのマウス BSMBB14Nシリーズ(無線) / BSMBU14シリーズ(有線)。側面に「ジェスチャーボタン」を備え、押しながらマウスを動かしたりボタンを押すことで、Windows 8 のタッチジェスチャのような操作ができる製品です。


対応するジェスチャはアプリ切り替え(ジェスチャボタン+左クリック)、チャーム呼び出し(ジェスチャ+右クリック)、デスクトップ呼び出し(ジェスチャ+マウス後ろ移動)など6種。うち「戻る / 進む」や「ズームイン / ズームアウト」については、Windows 7 / Vista / XP でも使えます。

マウスとしての基本仕様は、ガラスや布の上でも使えるBlueLEDセンサー、解像度 1600dpi、チルトホイールにサイドボタンなど。

無線接続のBSMBB14NシリーズはBluetooth 3.0に対応するほかNFC tag を内蔵し、NFCリーダ搭載のPCならば軽くタッチするだけでペアリングが完了します。バッテリーは単三電池 x2本を使用。アルカリ乾電池を使った場合、約237日使用できます(連続動作296時間)。

有線のBSMBU14シリーズはケーブル長1mのUSB 2.0接続。

直販のバッファローダイレクトでは、Bluetooth / NFC版が 3480円、有線版は1980円。どちらも4月中旬に出荷予定です。


(新着記事一覧)