次の Mac はギガビットWiFi 802.11acに対応?OS X ベータに記述

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年04月12日, 午後 08:06 in 802.11ac
0シェア
FacebookTwitter

OS X や iOS アップデート時に恒例の、中身をほじくり返して未知の識別子や新機能の手がかりを探す話題。今後登場する Mac は、ギガビット通信も可能な最新の無線LAN規格 802.11ac に対応するようです。
802.11ac は5GHz帯を使い、広い帯域幅や変調方式の拡張、マルチアンテナを使うMIMOやビームフォーミングの規格化により、ギガビット級の高速通信に対応する最新の WiFi 規格。ルータやWiFiアダプタではドラフト対応の製品が各社から出始め、スマートフォンなどでも最新のSoCでは対応が始まっています。

リンク先 9to5Mac によると、現行最新の 10.8.3には含まれていない 802.11ac対応と思しきコードが、10.8.4ベータから見つかったとのこと。アップルが次のMac製品では Broadcomの最新無線チップで802.11acに対応するのでは、という観測は以前からありました。

実際にいつ出荷の Macから対応するのかは、そもそも次期 MacBook ラインナップのリフレッシュ / アップデート時期が決まっているわけでもなく未確定。ですが、OS X の次の小アップデートに含まれるならば、対応デバイスもそう遅くないかもしれません。

MacはもちろんAirPort / AirMac 系のアップル製ネットワーク製品や、iOS機器でも一足飛びに導入して、アップルエコシステムどっぷりだとこんなに嬉しい!をアピールしてもらいたいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 802.11ac, apple, mac, os x, OsX, rumor, wifi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents