Googleメガネ Glass、開発者向け Explorer Edition の出荷を開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年04月16日, 午前 09:29 in Explorer program
0シェア
FacebookTwitter


昨年4月の発表から約一年、Google がメガネ型ウェアラブル端末 Google Glass の開発者向けモデル Explorer Edition の出荷を開始しました。
本日から出荷されるエクスプローラー・エディションは、昨年6月の開発者イベント Google I/Oで、米国在住の出席者限定かつ有料1500ドルの条件で先行販売が発表された一般開発者向けのモデル。

「Glass」がまったく新しい種類のモバイル端末であることから、Googleでは社内で商品として完成させる前の段階で情報を公開して、広く一般からのフィードバックを募ってきました。エクスプローラー・エディションはこの一環として、Google 社外の一般開発者向けに初めてまとまった数量が手渡されるハードウェアです。

Googleによると、今回販売する Glass Explorer Editionは約2000台。I/Oで先行入手権を得た開発者向けに、段階的に出荷される予定です。

Googleはこのプロトタイプモデル実機によるフィードバック収集段階を Explorer Program と名付けており、ソフトウェア・ハードウェア開発者以外だけでなく、使い方のアイデアを持つ一般ユーザーにも順次プログラムを拡大してゆくとしています。

先日の「Glass 使い方アイデア募集」で優勝したユーザー向けの Glass Explorer Editionは、I/O 出席者向けのあと続いて出荷される見込みです。


Glass
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Explorer program, glass, google, Google Glass, GoogleGlass, project glass, ProjectGlass
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents