ガリガリ君モチーフの携帯型熱中指標計、当たりが出たらもう1本

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年04月17日, 午前 05:10 in garigarikun
0シェア
FacebookTwitter

日本気象協会が監修、デザインファクトリーが企画開発する「携帯型熱中指標計 見守りっち」に、人気のアイスキャンディー「ガリガリ君」をモチーフとした新製品「携帯型熱中症指標計 ガリガリ君 見守りっち」が加わりました。

「熱中指標計」とは、熱中症など熱中トラブルの危険度を計測する機器。本体の測定ボタンを押すと、その場の気温と湿度から熱中症危険度を5段階で表示します。

また10分おきに危険度を自動測定する見守り機能も備えており、危険度が最高の「きけん」レベルに達したときにはブザーが鳴り、涼しいところへの移動を促してくれます。なお、このブザーは設定でオフにすることも可能です。危険度の算出には、日本気象協会独自の計算方法が用いられています。


とまあ、ここまでは従来の「見守りっち」と変わりません。今回のガリガリ君 見守りっちの最大の特徴は、アイスと同じく「当たりが出たらもう1本」ルールが適用されていること。アイス本体部分から引き抜くことができる棒の先端部に、当たりが刻印されていたらもれなくもう1本、しかも金色バージョンの「ガリガリ君 見守りっち」がもらえてしまいます。

大きさは縦83 x 横42 x 厚さ18mm。重さは23g。色はソーダ味?のブルー。電源には CR2032 コイン型電池を使用します。ガリガリ君 見守りっち を首からぶら下げるためのネックストラップも付属します。

参考上代価格は2310円。4月30日より全国ドラッグストア、日用品小売店、家電量販店などで順次発売予定です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: garigarikun, heatstroke
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents