SCEJA が PlayStation Vita のシステムソフトウェアアップデート v2.11 をリリースしました。主な更新点は、

・システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

のみ。



先週の4月10日に提供されたばかりの v2.10 はアイコンのフォルダ管理や nasne とのコンテンコピー / バックアップ、ブラウザの動画対応、自動消音設定、メールやメッセージングの強化など多数の更新点を含んでいましたが、今回のv2.11は v2.10で発生した不具合修正のようです。

具体的には、v2.10更新後に起動しなくなったゲームが動くようになるなど。Vita も PS3も、当該の不具合で直接不利益を被っていない場合でも、PSNへの接続などでバージョンチェックが入って止められることが多いため、更新があったらネットワークに恵まれているうちに上げておくにこしたことはありません。上は公式の v2.10紹介動画。