ASUS Fonepad 国内発表、インテルAtom採用の7インチ3G対応タブレット

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年04月19日, 午後 03:49 in android
0シェア
FacebookTwitter



ASUS が7インチAndroid タブレット Fonepad ME371MGを国内向けに発表しました。ASUS の PadFone シリーズといえばスマートフォンがタブレット型のシェルと合体する製品でしたが、今回国内発表のFonepad は特に合体ギミックのないAndroidタブレットです。Fone〜が付いているのは、3Gに対応して通話もできることから。

冗談のような名前のほか、現状のAndroidタブレットでは数少ないインテル Atom プロセッサを搭載することも特徴です。




国内版 Fonepad ME371の仕様は、7インチ1280 x 800 IPS液晶(10点マルチタッチ)、インテル Atom Z2420 (1.2GHz シングルコア、PowerVR SGX540グラフィック)、1GB LPDDR2 RAM、8GB eMMCストレージ。

無線は 802.11b/g/n、Bluetooth 3.0、携帯ネットワークは 2G GSM/EDGE 4バンド、3G W-CDMA / HSPA+ が850/900/1900/2100MHz帯。SIMは microSIMスロットを備えます。

I/O類はmicroUSB、microSDスロット(SDHC対応)、マイク、スピーカー、ヘッドセット端子。前面120万画素カメラに加えて、背面300万画素カメラも備えます。

バッテリー容量はかなり大きい4270mAh。駆動時間はWi-Fi接続時 約11.5時間、モバイル通信時は約9.5時間。(計測は「輝度100cd/m2設定で720p動画を連続再生、電波を正常に受信できる状態」)。

本体サイズは 196.6 x 120.1 x 10.4mm (やや厚い)。重さは340g。

OS はAndroid 4.1.2 Jelly Bean。

ASUS Fonepad ME371MG は4月25日から、オープン価格 / 実売2万9800円で販売予定。3G通信を使う場合、マイクロSIMカードは好みの通信会社のものを自前で調達して使えます。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, asus, atom, fonepad, intel, PadFone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents