Google が Chrome ブラウザ向けの拡張機能 Chrome Office Viewer β版をリリースしました。Microsoft Office の Word / Excel / PowerPoint ファイルを、Chromeブラウザ内で直接開けるようになります。
Chrome ブラウザの Office ファイル対応は、これまで Chromebook の Chrome OS 向けに提供されてきた機能。従来から Office ファイルをまず Google Drive にアップロードして Drive側のファイルビューア・エディタで開くことはできましたが、Chrome Office Viewer を導入すればシングルクリックで直接、ローカル側だけで開くことができます。

本家 Office や互換ソフトが不要であるほかの利点は、Chromeブラウザ内のサンドボックスで隔離されて動作するため、Officeアプリの脆弱性を狙ったマルウェア入りファイルに強いこと。この点は Chrome ブラウザ組み込みのPDFビューアと同様です。

Chrome Office Viewer は現在 Windows および Mac に対応。日本語を含む各国語をサポートします。ファイルサイズは約20MBあります。なお拡張機能自体がベータ版であるほか、Chromeブラウザもベータチャンネルでないとインストールできない点には注意が必要です。ダウンロードはリンク先から。