巻尺つきiPhoneケース「iConvex」開発中止、支援者へは全額返金

kentaro
kentaro
2013年05月1日, 午後 01:30 in cerevo
0シェア
FacebookTwitter

今から1年前にガジェット特化型クラウドファンディングサイト「Cerevo DASH」で資金調達に成功し、量産へ向けて開発が進められていた、巻尺つき iPhone ケース「iConvex」が開発中止となりました。開発にあたっていた Cerevo では、「大幅な期間超過と必要な第三者機関による認証取得遅れ、iPhoneの接続端子規格変更等の事由が重なり」、開発中止へ至ったと経緯を説明しています。返金手続きについては Cerevo DASH の母体である CAMPFIRE を通じて支援者へ連絡しているとのこと。

元々は iPhone 4/4S 向けに企画設計された iConvex ですが、資金調達に成功した4ヶ月後に大きさもコネクタ形状も変更された iPhone 5が発表になるという不運に見舞われ、それでもすぐに量産・販売に移れればまだ iPhone 5 に乗り換える前のユーザへアピールすることは可能だったと思われますが、ハードウェアガジェットの量産販売にまつわる壁は大きかったようです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cerevo, Cerevo Dash, CerevoDash, crowdfunding, iphone case, IphoneCase
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents