UQ WiMAX、グローバルIPアドレスを月100円のオプション化へ。9月末まで無料

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年05月6日, 午後 03:38 in uq wimax
0シェア
FacebookTwitter

UQ WiMAX が、WiMAX 機器へ付与するIPアドレスを従来のグローバルIPアドレスから6月以降順次プライベートIPアドレスに切り替えることを発表しました。

同時に、月100円の有料オプションとしてグローバルIPアドレス付与オプションを用意します。



グローバルIPアドレスがもらえることは、通信量による速度制限がないこととともに UQ WiMAX の特徴のひとつ。UQコミュニケーションズによると、今回の対応は「世界的にIPv4のグローバルIPアドレスが不足している状況を踏まえ」たもの。6月以降は順次、NAPTによるプライベートIPアドレスが付与されることになります。

6月以降もグローバルIPアドレスが使える「グローバルIPアドレスオプション」は、5月21日から受付を開始します。価格は月100円。2013年9月末までは無料です。

一方、WiMAXが一日だけ使える UQ 1 Day や、UQ Flatプラスのプロバイダつき(au.NET)では、今後も初期設定でグローバルIPアドレスが割り当てられるため対象になりません。

グローバルIPアドレスがプライベートIPアドレスに変わるとどう困るのか、が特に思いつかないユーザーは変わっても困らない場合がほとんどと思われますが、外部から自宅のPCやサーバに接続するような使い方で特に面倒なくつながっていた場合、あるいはポート開放が必要なネットゲームなどをプレイしている場合は影響があるかもしれません。

周囲から無償サポートを当然のように要求される種類の皆さんは、6月以降に「なんだか分からないけどつながらなくなっちゃった」と周囲から相談を受けた場合、WiMAX使ってる?と聞いてみると時間が短縮できるかもしれません。(WiMAXか、ほかの形式の「ワイファイ」なのか区別しているかどうかはまた別の話ですが)。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: uq wimax, UqWimax, wimax
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents