Adobe CS (Creative Suite) から CC (Creative Cloud) へのブランド変更と大規模なクラウドシフトを発表したアドビが、タブレット用の「クラウド対応」独自入力機器" Mighty " と " Napoleon " を公開しました。

" Project Mighty " は、iPadのような電磁誘導ペン非対応タブレットで使える感圧対応スタイラスペン。もう一方の " Napoleon " は、アプリ側に図形を投影するユニークな「デジタル定規」デバイス。

どちらも使用者のID情報をデバイス側に収めてアプリ / ネット側と連携することで、環境をまたいで使えるクラウド経由クリップボードなどクラウド連携機能もアピールしています。デモの様子は続きの動画をどうぞ。






「マイティ」のほうは、Bluetooth LE で接続するスタイラスペン。ペン側に感圧機構を備え、感圧に非対応のタッチディスプレイでも強弱のある線を引くことができます。

またアプリ側がペン入力と指のタッチを認識できることで、ペンで描いた線を指で触って消す、タッチで Undo といった操作も可能。


ナポレオンのほうは、タブレットと併用するデジタル定規。アプリがナポレオンの位置を認識して直線や図形のガイド線を「投影」し、ペンでなぞることで正確に描画できるというデバイスです。

ガイド線そのものはナポレオンの位置に応じてアプリ側が表示するため、本物の定規のように物理的にペンを当てて真っ直ぐ引く必要はなく、ガイド線を適当になぞれば直線でも曲線でも正確に実線を入力できます。

名称のナポレオンは Ruler =定規、支配者という駄洒落。(Mighty のほうは特に解説するようなものでもありませんが、ペンは剣より Mighty だから、と思われます)。




Mighty も Napoleon も、クラウド時代のハードウェアを模索する実験プロジェクトの試作品という位置づけ。製品化の有無などについては今後改めて発表される見込みです。