BOSE初のBluetoothヘッドホン AE2w 発表、着脱式ユニットで有線接続も対応

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年05月9日, 午前 02:23 in Bluetooth
0シェア
FacebookTwitter
BOSE が、着脱可能なBluetooth ユニットを装着したワイヤレスヘッドホン「AE2w」を発表しました。BOSE はこれまで片耳用の Bluetooth ヘッドセットは発売していますが、ワイヤレスヘッドホンは AE2w が初。主に iPad での動画視聴や音楽リスニングに最適化したとしています。発売予定日は6月7日、すでに予約は受付中です。価格は税込2万6250円。有線モデルの AE2(1万5750円)との差額は7500円です。
Bluetooth ユニットは、AE2w の左耳側にある 3.5mm ミニジャックに装着します。Bluetooth バージョンは4.0で、プロファイルは HSP、HFP、A2DP、AVRCPに対応します。ペアリング可能デバイス数は最大8台。

また2台同時に接続できるマルチポイントにも対応し、iPad で動画視聴中に iPhone などに着信があればボタンで切り替えて通話が可能です。

内蔵バッテリーの連続再生時間は約7時間。また待受は最大連続200時間です。バッテリーが切れても、Bluetooth ユニットを外して付属のオーディオケーブルを接続すれば有線のヘッドホンとして使うことができます。

音質面では BOSE のアラウンドイヤーヘッドホンで実績のある TriPort 技術による低音ブーストと、アクティブイコライゼーションで臨場感ある再生が可能としています。

本体重さは150g。付属品として充電用USBケーブルとキャリングケース、Bluetoothユニットを外して有線ヘッドホンとするためのスペアオーディオケーブルが付属します。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Bluetooth, bluetooth 4.0, Bluetooth4.0, headphones, iPad, IPhone
0シェア
FacebookTwitter