オーディオテクニカが、USB メモリサイズのヘッドホンアンプ AT-HA30USB を発表しました。長さはおよそ6cm、キャップ込みの重さは15.5gです。また、PC / Macともに OS 標準のドライバで使用できます。

24bit / 96kHz ハイレゾ音源の再生に対応。カップリングコンデンサレス回路を採用しています。通常入出力部に使用するカップリングコンデンサですが、音声信号に含まれるある範囲の音をカットしてしまう特性があります。よってこれを使わない回路構成とすることでハイレゾ音源の音がそのまま出力可能となり、リアルな音声再生を可能にするとしています。またUSB バスパワーで動作するので、ノートPCでも良好な音を楽しめます。

ユニークな仕様として、再生時に音源のサンプリング周波数を LEDで表示する機能があります。32kHz ~ 48kHz のときは青色、96kHz のときのみ赤色LED が点灯します。

音質面の特性は、再生周波数特性は 10Hz ~ 40kHz(-3dB、96kHz時)、最大出力レベルは 13mW x 2(32Ω、THD10%時)、全高調波歪率は 0.03%以下(32Ω、1mW出力時)。

対応する OS は WindowsXP 以降、Mac OS X。本体ボディはアルミニウム製、色は黒のみです。発売日は6月20日、価格は2万1000円です。