東芝から2560x1600液晶にTegra 4 搭載などタブレット 3機種。スタイラス対応モデルも

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月4日, 午前 09:39 in android
0シェア
FacebookTwitter


東芝が Android タブレット の新製品 3機種を海外向けに発表しました。名称はExcite Pro, Excite Write, Excite Pure。3機種とも10型ディスプレイにほぼ同じ筐体と Android 4.2を採用しつつ、ハイエンド / ペン対応ハイエンド / ロースペック低価格モデルと住み分けています。


Excite Pro は、2560 x 1600 の高解像度画面と Tegra 4 プロセッサ搭載が特徴のモデル。ASUSが発表したばかりの Transformer Pad Infinity や、サムスン製 Google ブランドの Nexus 10 と同じ画面サイズ・画素数です。

ほか Excite Pro の仕様は 32GB ストレージ、8MP背面カメラ、harman/kardon スピーカー、SDスロット、USB、HDMI出力など。

Excite Write は、Excite Pro と同等の仕様に加えて感圧1024段階の ワコム製デジタイザを採用し、電磁誘導スタイラス入力に対応するモデル。

Excite Pure は、1280 x 800 解像度で Tegra 3プロセッサ、ストレージは16GB、背面カメラは省略など、仕様を落として比較的安価にした製品。

メーカー希望小売価格はExcite Pro は500ドル、Excite Write は600ドル、Excite Pure は300ドル前後。いずれも来月発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, computex 2013, Computex2013, excite, excite pro, excite pure, excite write, ExcitePro, ExcitePure, ExciteWrite, Nexus 10, Nexus10, tegra 4, Tegra4, toshiba, Transformer Pad Infinity, TransformerPadInfinity
0シェア
FacebookTwitter