ASUSからモバイルバッテリーになる着脱式UPS搭載デスクトップ G10

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月5日, 午前 11:47 in asus
0シェア
FacebookTwitter


地元台湾のイベントとあって毎年 Computex に力を入れる ASUSは、デスクトップでもホームシアター向けからゲーミングまで多数の新製品を発表しています。ASUS Desktop PC G10 は、モバイル機器との親和性を考えたタワー型デスクトップ。モバイルバッテリーを兼ねる着脱式のUPSモジュール ASUS Power Pack の採用が最大の特徴です。



ASUS Power Pack は通常はカバーに隠れたフロントパネルからワンタッチで着脱可能。装着時には前面 USB 3.0 ポートになり、不意の電源断でもデータが落ちない一時的な無停電電源として機能します。

左右のボタンを押して取り外せば、そのまま2ポートのUSB給電モバイルバッテリーとして持ち歩きが可能です。



Power Pack の仕様は 14.6V 19900mWh、入力は 16.4V 750mAまたは5V 1A。モバイルバッテリーとしての出力は5V 2.1A。

取り外して外出中にはUPSを失うことになりますが、UPSとしてはもともと作業中のメモリ内容やストレージへの書き込みなどが完了するまでの一時的な延命策です。

Power Pack は装着時にPC本体から給電・充電されるほか、モバイルバッテリーとして運用中もUSBで充電できます。

ASUS G10 のPC部の仕様は第4世代 Core プロセッサ、8GB RAM、GeForce GTX 650グラフィック、128GB SSD および 1TB HDDなど。ほか光学ドライブや USB 3.0 x6、USB 2.0 x2、HDMI や DVI-D、VGA出力、各種カードリーダーなど。至って普通のデスクトップです。

筐体は微妙に傾いてアクセスしやすいフロントパネル、スライド式カバー、LEDステータスインジケータ、ケース入りストレージをホットスワップできる ASUS USM (Universal Storage Module) など。

ASUS G10 の出荷は今年Q3 からQ4予定。価格や市場は未定。ASUSは G10 と同じ Power Pack 対応に加えて、Qi 規格の無接点充電トレイを搭載した M51も同時期に発売する予定です。

大型のモバイルバッテリーは容量的に安心感があっても荷物としては常に持ち歩きたくはなく、かといってあまり使わずにいるといざというとき充電できているか不安になったりしますが、UPS兼用 Power Pack ならば本体に装着中は充電されている点で安心できます。

モバイル機器との運用性という製品コンセプトからすると、普段からPower Pack の前面USBポートを携帯機器の充電用に使っておけば、まだちょっとしか充電できていないのに急用で外出を強いられたとき、USBポートは接続したまま根元から引っこ抜いて持ち出す使い方を想定したのかもしれません。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, asus G10, asus M51, AsusG10, AsusM51, Computex 2013, Computex2013, g10
0シェア
FacebookTwitter