BOSE SoundLink Mini 発表、アルミ筐体の小型 Bluetooth スピーカー

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年06月6日, 午前 08:13 in audio
0シェア
FacebookTwitter

Bose が手のひらサイズの Bluetooth スピーカー SoundLink Mini を発表しました。販売中の SoundLink Bluetooth Mobile speaker II に比べ大きさは4割程度、重さは約半分の670gになっています。

スピーカーは小さくなるにつれ音質的に妥協せざるを得なくなるものですが、独自開発の高効率スピーカーやデュアルパッシブラジエーターなどの構成により、超低音から全域で高いパフォーマンスを発揮するとしています。Boseいわく、新開発ドライバにより他社のミニスピーカーよりも音量は倍。
Bluetooth 接続では、iPhone や iPad、各種スマートフォンなど最大6台とのマルチペアリングが可能です。通信可能な距離はおよそ10m。手持ちのオーディオ機器が Bluetooth 非対応でも、3.5mmミニジャックの AUX 入力端子を利用できます。

内蔵のリチウムイオンバッテリーでの連続再生時間は最大7時間。また付属のACアダプターまたは充電用クレードルを使えば、充電しながらの再生にも対応します。バッテリーが空の状態からフル充電までにかかる時間はおよそ3時間。

筐体はアルミニウム製で、アルマイト加工により高い耐久性を備えるとされています。しかし、持ち運んで使うことを考えると、うっかり硬い地面に落としてしまわないとも限りません。せっかくの美麗なボディとオーナーの気持ちが凹まないよう、別売りでソフトカバーも用意されます。色はブルー、グリーン、オレンジ。価格は24.95ドルです。

Soundlink mini 本体の大きさは幅18 x 高さ5.1 x 奥行き5.8cm、重さは670g。価格は199.95ドル。米国では7月1日出荷予定です。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: audio, bluetooth, BluetoothSpeaker, bose, portable audio, portableaudio, SoundLink, soundlink mini, SoundlinkMini, wireless
0シェア
FacebookTwitter