サムスン Galaxy S4 Active 発表、防水防塵になった Galaxy S4

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月6日, 午後 12:35 in android
0シェア


サムスンがAndroidスマートフォン Galaxy S4 のバリエーションモデル Galaxy S4 Active をグローバル市場向けに発表しました。無印の Galaxy S4 と同じ5インチ1920 x 1080 フルHDディスプレイを採用しつつ、IP67 の防水・防塵性能を備えています。



サムスン Galaxy S4 のバリエーションは同じ「S4 ~」名のっていても中身がずいぶん格下だったりしますが、Galaxy S4 Active はフラッグシップの S4 (無印) と同じサイズ・解像度の 5インチ 1920 x 1080 フルHDディスプレイ (443ppi)、クアッドコア1.9GHzプロセッサ、2GB RAM、16GB内蔵ストレージなど同等の基本仕様を備えます。microSDスロットや 2600mAhバッテリーも一緒。OSは Android 4.2.2. Jelly Bean。

違いは S4 が有機ELディスプレイであるのに対して、 S4 Active は液晶を採用すること。また背面カメラが13MPではなく8MPだったり、防水防塵のためかやや厚く (9.1mm vs 7.9mm)、重い (151g vs 130g)ことなど。

(とはいえ、Galaxy S4 無印でも、4+4オクタコアの Exynos 版と4コアSnapdragon版があったり、ドコモ版はワンセグやNOTTV対応など、各キャリアごとに細かな仕様違いがあります。)

保護等級のIP67は、IP6X (粉塵の侵入を防ぐ) / IPX7 (水深1mに30分沈めても平気)。またアクティブの名にふさわしい機能として、カメラに水中撮影用のアクアモード、手袋をしたままでも画面が反応するグローブタッチなどを備えます。

Galaxy S4 Active はこの夏から、まずは米国とスウェーデンで販売予定です。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy s4, galaxy s4 active, GalaxyS4, GalaxyS4Active, jelly bean, JellyBean, samsung
0シェア

Sponsored Contents