Eye-Fi から無線LAN SDカードの新製品 mobi、スマートフォンに直接転送&簡単セットアップ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月12日, 午後 01:17 in eye-fi
0シェア
FacebookTwitter


アイファイジャパンが、無線LAN SDカードの新製品 Eye-Fi Mobi を国内向けに発表しました。『Mobi』は機能をカメラからスマートフォンやタブレットへの直接転送に特化するとともに、セットアップを大幅に簡略化したモデル。

従来の Eye-Fi カードもモバイルアプリを使ったP2P直接転送(ダイレクトモード)に対応していましたが、Eye-Fi はもともと独自のウェブサービスを介したネット上の写真サービスへの転送やPCへの転送を前提としていたため、原則的にアカウントの設定やカードの登録といった手順が必要でした。

新製品の Mobi ではアカウント登録などの必要なく、製品に付属するコードをモバイルアプリに入力するだけでペアリングが完了します。


機能は iOS / Android アプリを通じた端末への写真転送のみ。高機能モデルの Eye-Fi Pro X2 が備える ジオタグ付加やオンライン写真サービスへの転送、PCへの自動転送、RAWファイル対応といった機能はありません。

製品ラインナップは容量 8GBモデルと16GBモデルの2種。転送速度はどちらも Class 10。

国内での発売は6月14日。価格はオープン、予想価格は8GB 4980円・16GB 7980円前後。

mobi の発売により、Eye-Fi カード全体のラインナップは mobi が 8GB / 16GB、Pro X2 が16GBの 3製品になります。

(なお、ドコモが自社スマートフォン向けの「スマートアクセサリ」として販売中の docomo Eye-Fi カード01も、パッケージ同梱の認証キー10桁をアプリに入力する方法でカードを登録します。

ドコモ版は専用の Androidアプリ「Eye-Fi レシーバー for docomo」を使い、アカウント登録が必要。ドコモ版の仕様は容量4GB Class 6、オンラインストア価格 3990円。)




ペアリング用のアクティベーションコードはカードケースの裏に記載。気をつけろ!奴らはこれを絶対に紛失するぞ!絶対にだ!携帯で写真撮らせとけ!


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eye-fi, sd
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents