Google+ が通知を改善、デバイス間同期や未読・既読分けなど

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月14日, 午後 01:30 in android
0シェア
FacebookTwitter


Google+ が新着通知の仕組みをアップデートしました。モバイルアプリとデスクトップで新着の有無や消去済みが同期されるほか、「お知らせ」トレイ内で既読と未読が分けて表示されるなど、使い勝手を向上する内容です。

Google のエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント Vic Gundotra 氏の Google+ 投稿によると、変更点は:

・モバイルとデスクトップなど、デバイス間で未読・既読を同期するようになった。
・通知をスワイプやクリックで消した場合も、ほかの端末でも同期して消えるようになった。
・通知がベル型のアイコンになった。
・ベル型アイコンをタップして現れる通知トレイが、これまで表示した既読アイテムと未読新着を分けて表示するようになった。

アップデートは例によって段階的に適用され、まずAndroidアプリとウェブ版から、次いで iOSアプリで利用可能になります。

また更新されたAndroid版 Google+ アプリでは、このほか

・写真 / Photos 画面から写真を消せる
・起動時にストリームを更新して新着表示
・投稿を開くと+1数、コメント、再共有数が表示される
・左側のメニューが、ほかのGoogle App と一貫性あるデザインに変更
・そのほかバグ修正と性能改善

が計られています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, google, google plus, GooglePlus, ios
0シェア
FacebookTwitter