マイクロソフト、iPhone版 Office Mobile を突如リリース。Office 365利用者限定

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月14日, 午後 09:41 in ios
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトが iPhone 用の公式 Office アプリ『Office Mobile for Office 365 subscribers』 を App Store でリリースしました。価格は無料。ただし for Office 365〜の名のとおり、クラウドサービス Office 365 の加入者だけが利用できます。


使える文書は Word、Excel、およびPowerPoint。文書を確認するだけでなく編集も、コメントの追加も可能です。メール添付ファイルの Office 文書を扱うことも、Word と Excel については新規作成にも対応します。

売りは チャートやアニメーション、SmartArt やシェイプも扱えること、Word はリッチテキストで編集できること、そして純正アプリとして、デスクトップで作成した文書を編集保存してもフォーマットやレイアウトを破壊しないこと。

Office 365 の利用が前提となっているため、iPhone版 Office for Mobile は SkyDrive や SharePoint にある文書や、デスクトップの Office で扱っていた文書を外出先で確認したり編集するためのコンパニオンアプリの位置づけです。しかし常時ネット接続必須ではなく、オフライン編集は接続後に同期されます。

対応デバイスは iPhone 4以降、iPod touch 5th gen。3代目以降の iPad でも動きますが、最適化レイアウトは含まれておらず、マイクロソフトは画面の広いタブレットならばウェブ版 Office の利用を推奨しています。iOS 6.1以上。

日本の App Store では現在のところ提供されていません。

追記:日本マイクロソフトによれば、「現時点での日本市場での提供は予定されておりません。今後、本アプリケーションの日本市場への提供については引き続検討を行ってまいります。」

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ios, microsoft, office, office 365, Office365
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents