ニンテンドー3DS本体更新、すれちがいゲーム追加やセーブバックアップ機能など

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月18日, 午後 07:03
0シェア
FacebookTwitter


任天堂がニンテンドー3DSのシステムソフトウェアを v6.0.0-12J に更新しました。主な更新点は、

・『すれちがいMii広場』更新。新機能と、すれちがいゲーム4種を追加。ただし有料。
・セーブデータのバックアップ機能。バーチャルコンソールやダウンロード版ゲームのセーブデータをSDに保存、ゲーム本体と別に管理。
・バグ修正ほか

『すれちがいMii広場』では、これまでの「すれちがい伝説 / II」「ピースあつめの旅」に加えて、「すれちがいシューティング」「すれちがいガ~デン」「すれちがい合戦」「すれちがい迷宮」の4種の新ゲームが加わりました。




「すれちがいシューティング」

すれ違った相手と合体して機体をパワーアップ・カスタマイズする2Dシューティング。






「すれちがいガーデン」

すれ違った相手に栽培を手伝って貰ったり、種をもらったりしつつ、さまざまな植物を育ててガーデニング。新種を育てて図鑑コンプリートやマイ庭園の写真撮影など。




「すれちがい合戦」
武将になって国盗りゲーム。すれ違った相手は、 Mii 広場にいる人数をそのまま部下の数として参陣してくれる。大量にすれ違っている相手とすれ違えば大軍勢。戦争は数と兵種の三すくみ。領地のアップグレード要素も。




「すれちがい迷宮」

パズル&迷宮探索。すれちがった相手からピースを貰って館のなかを進み、アイテムを手に入れてゴーストと戦う。




ただし、新しい「あそび」は各500円の有料ダウンロード。一気にまとめて買うと一本分お得な1500円、ひとつ遊んだあとに残り三本を足すと300円お得な1700円になるまとめ買い割引きが設定されています。

新たなゲームはそれぞれにすれちがいの要素を使った本格的なゲームとして遊べるほか、アバター Mii にかぶせる「ぼうし」の新種を手に入れることができます。




またすれちがいMii広場自体の新機能として、挨拶する際の表情を選べるなどの拡張も施されています。



もうひとつの大きな更新点である「セーブデータのバックアップ」は、ダウンロード版やバーチャルコンソールのセーブデータをローカルSDカードにバックアップする機能。外部やクラウドに退避する機能ではありません。

主な使い道は、ダウンロード版ソフトやVCのソフト本体を消去してもセーブデータはSDに残しておき、あとから再ダウンロード後に「復元」すること。保存したデータは本体設定のデータ管理から復元や消去できます。

バックアップはHOMEメニューから任意で実行できる場合と、ソフトによりソフトの消去時にしかできない場合があります。たとえば、人生の一回性を延々と説教するキャラクターで有名な『とびだせ どうぶつの森』や、『ポケモン不思議のダンジョン』、『トモダチコレクション 新生活』などはHOMEからの任意タイミングバックアップに対応しません。


ニンテンドー3DSの本体更新は、インターネットに接続できる状態なら閉じてスリープしても勝手にダウンロードして、準備完了時に通知が表示されます。手動で急ぐ場合は本体設定、その他の設定、の右端から。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter