サムスン ATIV Tab 3発表、10型で8.2mm厚のWindows 8 タブレット。S Penも対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年06月21日, 午後 12:30 in ATIV
0シェア
FacebookTwitter


サムスン ATIV Tab 3 は、本日のPremiere 2013 イベントで発表された ATIV シリーズ製品のひとつ。

同時発表の ATIV Q がWindows 8 / Android デュアルOSで3200 x 1800高解像度の強烈な製品だったのに対して、ATIV Tab 3 は比較的シンプルな10.1インチ Windows 8 タブレットです。

特徴は Windows 8 タブレット最薄という8.2mmの厚さ、550gの軽さ、S Pen ペン入力に対応することなど。

主な仕様は 10.1インチ1366 x 768 液晶ディスプレイ、インテル Atom Z2760プロセッサ、2GB RAM、64GB eMMCストレージ。ほか microSDスロット、USB 2.0ポート、マイクロHDMI出力、720p HDカメラなど。

厚さは8.2mm、本体重量 550g、バッテリー駆動時間は最長10時間。






iPadとは解像度もペン対応有無もアーキテクチャもOSもまるで違いますが、サイズ感や重さをイメージするために比べれば、ATIV Tab 3 はフルWindows 8 を載せつつ iPad Retina ディスプレイモデル(9.4mm、652g / 662g)より薄く、100g以上軽量です。




さらに、Microsoft Office Home and Student 2013 をプリインストールします。



海外での発売は今年8月、価格はQWERTYキーボードつきカバー同梱で699ドル。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ATIV, ATIV Q, ativ tab 3, AtivQ, AtivTab3, samsung, windows 8, Windows8
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents