Firefox OSスマートフォンZTE Open が一般発売、約9000円で無料通話分つきプリペイド

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年07月2日, 午前 04:03 in firefox
0シェア
FacebookTwitter


欧州の携帯キャリア Telefónica が、Firefox OS スマートフォン ZTE Open をスペインで明日発売することを明らかにしました。

Firefox OS をプリインストールしたスマートフォンとしては、開発者向けプレビュー端末の Keon / Peak がすでに販売されていますが、一般消費者向けに提供されるのはこれが初めてです。

発表した Telefonica のツイートによると、スペインでの ZTE Open の価格は69ユーロ (約9000円)、30ユーロ約4000円分のプリペイド通話時間つき。

今年2月の MWC 2013 で発表された ZTE Open の主な仕様は、3.5インチHVGA (480 x 320)タッチ液晶、Snapdragon S1 プロセッサ (Cortex-A5 シングルコア最大800Mhz + Adreno 200)、256MB RAM、512MB内蔵フラッシュストレージ。

ほか microSDスロット、GPS、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 2.1+EDR、背面3.2MPカメラ、市場により GSM / UMTS (3G) の各帯域サポート など。

要は新興市場向けのローエンド構成ですが、69ユーロで30ユーロ分の通話時間付きはなかなかにインパクトのある価格です。




なお Firefox OS は、オープンな API を介して携帯電話のハードウェアや各機能へのアクセスを提供することで、ウェブと同じ HTML5 / JavaScript でモバイルアプリを書くことができるOS。

PCや各モバイルプラットフォーム向けの Firefox ブラウザ と同じく、端末メーカーやプラットフォーム企業の思惑に左右される環境ではなく、標準技術に基づき誰でも開発できエコシステムを作れるオープンなプラットフォームこそ未来のアプリやサービス、イノベーションの舞台である、的な思想のOSです。

MWC 2013 の Mozilla プレスカンファレンスでは、テレフォニカのほか、日本の KDDI を含む18グループの携帯キャリアがパートナー第一陣として名を連ねていました。まだ端末メーカーでは、今回の Open の ZTE や Huawei などに加えて、ソニーモバイルも 2014年内の Firefox OS 端末投入を目指すことを明らかにしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: firefox, firefox os, FirefoxOs, mozilla, spain, telefonica, ZTE Open, ZteOpen
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents