速報:Xboxの責任者ドン・マトリック氏、マイクロソフトを離れZyngaのCEOに就任

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年07月2日, 午前 05:41 in don mattrick
0シェア
FacebookTwitter


うわさからあっという間に公式になりました。ソーシャルゲーム企業 Zynga のCEO Mark Pincus 氏が公式Blog で明らかにしたところによると、マイクロソフトで2007年以来 Xbox 事業を含む IEB 部門のプレジデントを務めてきた Don Mattrick 氏がマイクロソフトを退社し、Zynga に新CEOとして就任します。

マトリック氏がZyngaの新CEOに就任することで、創業者である Pincus 氏本人はCEOを退くことになりますが、今後も会長 兼 CPO (チーフプロダクトオフィサー)としてマトリック氏とともに Zynga を指揮してゆくとのこと。

Pincus氏はZynga社の公式Blog で、自分はプロダクトチームとともにゲームを開発しているときにもっとも大きなインパクトを与えることができた、CEOとしての職務で自分よりも有能な人材がいれば全力で獲得したいと常々公言してきた、Xbox 360 を普及させ大きな利益を生むビジネスに成長させたドンこそ適任である、としています。

マトリック氏は7月8日から Zynga の新CEOに就任する予定。

(17歳でゲーム会社を創業し業界歴30年以上というマトリック氏の経歴や背景についてはひとつ前の記事も参照)


一方のマイクロソフトにとっては、Xbox 360を北米トップにしただけでなく、2007年の IEB プレジデント就任時には600万人だった Xbox LIVE 会員を4800万人にまで成長させたうえ、次世代機 Xbox One の開発と発表まで担当した人物を、Xbox One の発売前に失ってしまうことになりました。

マイクロソフトのバルマーCEOは、全従業員に向けて送ったメッセージのなかで、これはドンにとってすばらしい機会であり、成功を祈っている、としつつ、これまでの多大な貢献に深い感謝を述べています。

Xbox One については、マトリック氏の直接の部下を含む IEB のスタッフはバルマーCEOの直下で引き続き同じチームとして業務を進め、今年の年末商戦期の Xbox One 出荷に向けて集中するとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: don mattrick, DonMattrick, mark pincus, MarkPincus, microsoft, steve ballmer, SteveBallmer, xbox 360, xbox one, Xbox360, XboxOne, zynga
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents