4100万画素の PureView カメラ採用らしい、とうわさされるノキアのWindows Phone 8 端末 EOS (仮) について。未発表スマートフォンのリーク情報で知られる @evleaks が、『米AT&T向けに今年発売予定の Nokia Lumia 1020』と称する画像を掲載しました。
Nokia EOS (仮) は、かつてノキアが発売した Symbian スマートフォン 808 PureView の4100万画素カメラを受け継ぐWindows Phone 8 端末として、Lumia 1020 の製品名で登場するのでは、とうわさされてきました。

部品リークと称する画像もたびたび出回っていますが、どれも背面の特徴的なカメラ部を捉えたものばかりで、正面からの製品写真 (と称する画像)は今回が初めて。

ディスプレイが前面の大半を占めるスマートフォンでは、また筐体デザイン的には代々似通っている Lumia ファミリーではなおさら、正面からの画像があったところで特に決定的な新情報が得られるわけでもありません。しかし、目につくのはWindows Phone スタート画面の「Nokia Pro Cam」のタイル。

従来の Lumia シリーズの Nokia製カメラアプリは Nokia Smart Cam (Camera) で、アイコンも微妙に異なります。PureView カメラの搭載とともに、カメラアプリも特別なバージョンを載せてくるとしても不思議ではありません。

EOS も Lumia 1020 も現段階ではあくまで未発表のうわさに過ぎませんが、ノキアはニューヨークで新製品発表イベントを7月11日に開催すると予告しており、案内状やティーザーでは「ズームの再発明」やら「発表を注目すべき4100万の理由」などなど、カメラ関係であることと4100万という数字を露骨に強調しています。

今回の写真が EOS / Lumia 1020 の正式な製品画像かどうかはともかく、とんでもないカメラを載せた新スマートフォンはあと数日で目にすることができそうです。